今日はすっきり晴れました。だから戦車で出かけよう!

未分類

今日は待ちに待った日曜日!
ごはんは土曜日のうちに作ってあるし、洗濯も掃除もあらかじめ済ませてある。
休日を満喫するには最高のコンディションだ!
そして、こんな時にプレイするゲームは「World of Tanks」に限る。

World of Tanksとは15vs15の戦車戦を楽しめるオンラインゲームだ。
そして、私にはお気に入りの戦車がある。
それはTier8チェコスロバキア中戦車「TVP VTU」。
最近始めたプレイヤーは見かけたことすらないかもしれない。
簡単に言えばこの戦車は「めちゃめちゃに弱い戦車」だ。

戦車と聞くと一般には敵の弾をはじき返しつつ、必殺の砲撃を放つ「陸戦の王者」をイメージするだろう。
しかし、この戦車はそれとはまるで反対だ。
装甲は「戦車と戦う戦車」としては段ボールと揶揄されるくらいペラッペラ。
砲は見た目こそ無駄に長くて細いものの、攻撃力はイマイチでしかも砲弾の費用が高い。
唯一機動性は及第点だが、何かともたつきがちなので偵察任務などは無理。
しかもこれでいて撃破された時の修理費は高額!

つまり、弱く他の戦車に勝てないのに負けたらたくさんのお金を支払わされるというヤバい戦車なのである。
しかもこの戦車の面白いところは、運営に「強力な戦車」だと言われているところ。
しかし、プレイヤーはバカではない。
こんなトンデモ戦車を好き好んで使う者はほとんどいないのは当たり前。
攻略Wikiには「他にほぼ上位互換と言える戦車がたくさんある」「苦行」などと書かれる始末だ。

では、なぜこんな戦車を使っているのか?
それは「弱い戦車で強い戦車を倒すのが気持ちいい」、ただこれに尽きる。

もちろん、びっくりするほど戦闘力の低いTVP VTUではまともな戦闘は厳禁。
軽戦車と呼ばれるカテゴリの相手にはその機動力で翻弄され、
バランスタイプの中戦車にはほとんどあらゆる要素で劣り、
重戦車カテゴリの相手にはこちらの攻撃が通らない。
駆逐戦車や自走砲といった相手には一方的に攻撃されるのが当たり前。
実際に私も何度「ただ動くだけの的」や「戦犯」、「チームのお荷物」になったか分からない。

しかし、何百戦もして私もさすがに学んでいる。
今日は敵の重戦車と味方の重戦車が戦っているところに横槍を入れ、
あるいは茂みの中に潜みながら敵の偵察車輌がいるだろう場所をスナイプし、
敵の軽い中戦車は悪くない機動力を生かし崖から落っことしてやった。
別に「戦車は砲だけで戦わなければならない」というルールはない。
そしてたぶん、こんな戦車にやられた相手はものすごい顔をしていただろう。

だから貴重な日曜日を費やしてまでTVP VTUに乗ることを止められないのだ。
そして来週もきっとこの相棒に乗るだろう。
他のプレイヤーは私を「マゾヒスト」だとか「狂人」だというがどうでもいい。
攻略Wikiで強キャラや強アイテムを調べて使うだけがゲームではないのだ!
そう、ゲームというのは本来、もっと自由にプレイされるべきなのである!

タイトルとURLをコピーしました